Skip to content

みやま市社会福祉協議会について

みやま市社会福祉協議会基本目標

  • (1)住民参加・協働による福祉社会の実現
  • (2)地域における利用者本位のサービスの実現
  • (3)地域に根ざした総合的な支援体制の実現

社会福祉協議会とは・・・

住民の住民による住民のための福祉のまちづくりを目指して

1951年(昭和26年9月)に社会福祉の基本的事項を定めた社会福祉事業法が制定され、公的な性格を持つ民間の福祉団体として社会福祉協議会が誕生しました。民間組織としての「自主性」と、住民や社会福祉関係者に支えられた「公共性」という2つの側面をあわせ持った組織で、住民の福祉活動の組織化、社会福祉を目的とする事業の連絡調整および事業の企画・実施などを行い、現在まで一貫して地域福祉活動の中心的な役割を担ってきました。

住民主体の理念に基づき、様々な生活上の諸問題を地域全体の課題としてとらえ、みんなで考え、話し合い、協力して解決を図る、心ふれあう福祉のまちづくりを目指しています。